top of page

日本で不動産を購入する外国人について

更新日:2023年9月9日


日本で不動産(マンションなど)を購入する場合、個人名義または会社名義で購入できます。また、本国の親会社名または日本国内の支店名を使用することもできます。

政府からの営業許可証、会社の認証コピー、または個人の住所、氏名、生年月日を示す公証書が必要です。


日本の支店名または日本に住んでいる外国人の場合、所有権譲渡の手続きは最も簡単です。

会社名義または個人名義で購入する場合、日本でも仲介手数料、不動産売買に関する様々な費用(免許税、登録手数料等)、書類料、改名後の取得税、購入後の年間費用、不動産税が同じです。


マンションまたは住宅を購入する場合、銀行融資を申請することができます。この場合、自分自身の10%から30%のお金を頭金として持っていれば購入できますが、外国人や会社(親会社や日本支店)は担保資格がありません。


会社に関しては、規模に応じてビジネスローンを申請することができる場合がありますが、期待しすぎることはできません。会社を通じて融資を申請する方が、個人ローンよりも難しい場合があります。日本国籍を取得するか永住許可を取得している場合、住宅ローンがより安くなる場合があります。また、労働ビザや家族ビザも融資の対象となりますが、現時点では国籍取得や永住権を持つことよりも難しい状況です。


不動産の購入に関しては、現金があれば完全に問題ありません。日本では、会社名義または個人名義で購入することができます。


不動産を購入する際には、収入や収益、自分自身のために購入するのか、家族のために購入するのか、会社のために購入するのかを慎重に考えることをお勧めします。当社にご相談いただければ、条件に合った不動産の探索から、登記、手続き、顧客の獲得、リフォーム、賃貸、清掃などを一括でお引き受けいたします。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年末年始休業のお知らせ

街なかのお店もすっかりクリスマスカラーが強まってきましたね。早いもので、今年も年の瀬を感じる時期になりました。 皆様におかれましてはお変わりございませんでしょうか。 年末年始のお休みのお知らせです。 12/30(土)~1/4(木)までお休みさせていただきます。 新年は1/5(金)からの営業開始となります。 2024年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page